ブランディング・カンパニー 株式会社  仮説創造研究所
WORD DESIGN
たとえば「りんご」「リンゴ」「林檎」
「Lingo」「Apple」「Pomme」のように、
おなじ意味を表す言葉でも表現方法1つで
言葉から受け取るイメージが大きく異なります。
目で読む、音で読む、形で読む
リズムをつけて読む、映像で読むなど
さまざまな観点から言葉を検証し
ブランドイメージを伝える言葉を創造します。
FORM DESIGN
たとえば誰もが気持ちいい真円だと
感じる「◯」は、完全なる「真円」でない
場合もあります。
数学的な数値や比率が正しいことよりも、
人が見たときに、安心感があり親しみを
持てる形で表現することが
ブランディングでは重要です。
人の脳が「図形」をどのように認識するかに
ついてさまざまな研究を重ねた技術により、
最も印象的なカタチをデザインいたします。
COLOR DESIGN
青、Blue、空、海、水…。
言葉で聞いただけでも、
その色をイメージすることができます。
しかし、青にしてもさまざまな青が存在します。
また、選んだ「青」をより美しく、
より効果的にメッセージしていくためには
ルールも必要です。光の加減、場所、
表現素材などにより見え方の印象が左右されず
ブランドイメージをメッセージできる
カラーシステムをご提供いたします。
SOUND DESIGN
ブランドイメージをサウンド化してみる。
サウンドロゴ、プロモーションビデオ、
WEBサイト、ファッションショーなどの
イベントサウンドやストアを演出する
スペースサウンドなど、いまや音がもてる
パワーはブランディングに必須です。
自社レーベル、音楽出版の経験を活かした
独自の技術で音楽著作権問題をクリアした
サウンドの提供から効果音や音楽制作まで
幅広く対応しています。
株式会社 仮説創造研究所
Copyright (c) Kasetu Souzou Kenallkyujo Inc. rights reserved.